千円札に載っている富士山を見るなら、この本栖湖の旅館がおすすめ

皆さんは千円札の裏の富士山の絵をじっくりと見たことがあるでしょうか?もちろん富士山は日本の象徴なので、とても良い絵ですが、一体どこから見た富士山なのだろうと考えたことはあるでしょうか?いろいろな角度から探してみてもなかなか見つかるものではありません。その景色を見れる旅館が本栖湖にありましたので、ご紹介したいと思います。

景観 景観2

この本栖湖の旅館の名前は「浩庵」といいます。ですから、あの千円札の裏にある、富士山の絵は本栖湖から見た富士山ということになるようですね。日本人としては、絶対に見なければいけない景色に含まれるかもしれません。この旅館は本栖みちの近くにありますので、身延まで足を伸ばしたい場合には、すぐに行くこともできるので、観光のポイントとしても考えることのできる旅館です。もちろん本栖湖の景色を楽しむうえでも、最適の場所にあります。旅館自体は、本栖湖の目の前にありますので、環境としては最高の場所にあるといえることでしょう。たまには、日常の喧騒を離れて、ゆっくりと湖畔で寝そべって時間を過ごしてみるのもいいかもしれませんね。普段は見えない何かが、見えてきて、仕事のうえでも役立つかもしれませんね。この本栖湖の旅館は、山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926にありますので、お車の場合には中央道川口湖ICで降りてください。

ホテル・旅館の口コミ人気ランキング「宿らん」

最新投稿